ボディピアスの正しいつけ方教えます

ボディピアスとファッションピアス

ボディピアスとファッションピアス ボディピアスは一般のファッションピアスとはいろいろな違いがあるのですが、まずはファッションピアスの後ろ側にある留め具が存在していません。
ちなみに、ボディにつけるピアスにはリング型やストレートバーベル型などといったものがあり、それを留めるためのボールがあるということです。
シャフトやリングのサイズなどもかなり豊富な種類がありますし、ファッションピアスを身につけているとキャッチやフックによってホールに負担がかかってしまうこともあるのですが、ボディにつけるピアスの場合はそのような負担がありません。
また、ファッションピアスの場合、眠る時などはシャフト先が当たって痛いので外すという人も多いでしょう。
しかし、ボディピアスは生活の邪魔にはならないため、安定した後も普段はあまり外すことがありません。
外すのは他のピアスに取り替える時などだけであり、あまり気にすることなく身に付けておくことができるのです。
他にもボディピアスはホールがファッションピアスより大きいという違いが挙げられます。
ホールは小さい方が早く治ると考えている人もいるかもしれませんが、あまり小さいよりも少し大きめの方が早く内部が完成するということです。
さらに、ホール治癒の邪魔をしないボディピアスの形状により、ファッションピアスよりも早く治るのです。

ボディピアスの名称について

ボディピアスという言葉には、そのまま体にピアスをつける行為、あるいはつけているピアス全体を表す場合と、ファッションピアスと区別する意味でボディピアスと呼ぶ場合の2通りの使い方があります。
つける行為に対してこの言葉を使う場合は、ピアスをつける部位として一般的な耳を始めとして、顔、腕や脚、お腹などあらゆる部位につけたものを総合してボディピアスと呼び、つける部位やピアスの形状によって名称が変わります。
例えば、同じ耳につけるピアスでもつける位置と形状、数によって12通りもの名称があります。
最もつける人が多いであろう耳たぶにつけたピアスのことは、イヤーロブと呼びます。
また、耳のふちの上部の軟骨につけるピアスをヘリックスと呼びますが、棒状のピアスなどで一つのピアスが耳の軟骨を2箇所以上貫通している場合はインダストリアルという名称になります。
ファッションピアスと区別する意味でのボディピアスは、ファッションピアスに比べて大きめで形も変わっていますが、基本的に外さずに長時間つけておくことを前提としてデザインされています。
そのため、見た目よりは周辺の皮膚に負担がかからないようになっています。
ポピュラーな輪っか状のリングピアス、棒状のスタッドピアス、フック型のフックピアスや鎖がついたチェーンピアス、形状がさまざまでワンタッチで固定できるスナップピアスなどに区別できます。

おすすめWEBサイト 5選

池袋 セクキャバ 求人
https://www.cabaito.jp/kanto/shop/block-ikebukuro/

岡山 デリヘル

名古屋 キャバクラ 求人
https://www.cabaito.jp/tokai/

風俗でAV女優に会う

新宿で風俗を探す
http://www.tora-shinjyuku.jp/

西中島のセクキャバ求人情報

最終更新日:2016/8/18

  メニュー bottom

『ボディピアス ファッション』 最新ツイート